婚活の成功例といっても、順番が良かったとかタイミングが良かったとか、たまたまうまくいったとかさまざまです。
再現性を求めるには難しいですが、成功失敗のパターンを探ってみましょう。


近年は就活も厳しいですが、婚活にも厳しい世の中だといわれます。
先輩の成功例にはヒントがあるかもしれません。


婚活に失敗する人は、プロフィールや年収など字で書けるスペックに頼りがち。
最近の婚活成功者は性格や雰囲気、見た目、スタイル、フィーリング、空気が読めるなどイメージ的なことに敏感なようです。


婚活に失敗する人は相手に求める条件が多すぎる。
そんなに自分のイメージに当てはまった人はこの世にいません。
条件を一つだけにしぼれば、当てはまる相手はたくさんいますからアクションを起こすことができるはず。


婚活は独りですると失敗します。
結婚したことがないあなたより、結婚している友人のほうが経験値は100倍!
結婚している友人は現実を知っています。理想と現実のズレも知っています。
恋愛も婚活も経験値がものをいいますから、知らないことは人に聞くことです。
そして、婚活していることを周りにも言うことです。
黙って婚活しているより、周りからのフォローや気遣いをたくさんもらいながら婚活するほうが断然有利です。
もし、めげることがあったとしても立ち直りが速いです。

>>それでは、あなたの結婚ポテンシャルを診断してみましょう>>