男性がプロポーズするほうがさまになるので、ほんとは女性から結婚を誘導した場合でも、やっぱり後でひとに言うときには「旦那がプロポーズしてくれた」というような話になったりします。


実は昔々から男性は女性に大事なことをいうのがとても苦手。


実際、結婚している人に話を聞いてみると、女性が主導権を握って結婚にこぎつけた例のほうが多いです。
結婚の勝者たちは、もじもじして男性のことばを待ったりしていません。
自分からうまくデートに誘い、結婚したいことをちゃんと伝えてそしてゴールインしているのです。


現代はさらにそんな傾向が高まっているようです。

昔の女性風な居方をしていると置いてかれちゃいます。

>>それでは、あなたの結婚ポテンシャルを診断してみましょう>>